京都遊説

8月1日から4日まで、夏の暑い日差しに照らされながら、情緒溢れる京の街にて京都遊説を行いました。
参加者は井守、高野、新谷、二ノ宮、眞島、水野会員です。
我々は京都に到着した後、京都大学を経由して比叡山へ向かいました。途上、京都市三条通りにある三条大橋において演説を行い、多くの聴取を引き留めることに成功しました。
その後京都大学に戻り、京都大学の学生と積極的な議論を交わした後、我々は帰路につきました。

高野会員は、原発問題に直面する現代社会において、シーレーンといった対外的なエネルギー確保の航路が外国によって脅かされる可能性を分析した後、再生可能エネルギーをはじめとする多角的な方面からのエネルギーの確保の必要性を情熱的かつ効果的な声調で訴えました。
高野会員の平易な言葉を用いた分かりやすい説得活動は、観光客の足をも引き止め、実際にその場で聴衆と活発な議論が行われました。
pic_2013spring_kyouto_1
写真は演練幹事(左)と高野会員(右)

pic_2013spring_kyouto_2
我々の説得活動に耳を傾けてくださいました方々に御礼申し上げます。
(文責:井守)

Comments are closed.