早慶新人雄弁大会会内予選

6月8日(日)、江東区文化東大島センターにて、来る早慶新人雄弁大会に向けた会内予選を行いました。
当日は10名の1年生が弁士として出場、五名の本選出場枠を獲得すべく、懸命な説得活動を行いました。

SANYO DIGITAL CAMERA

SANYO DIGITAL CAMERA

SANYO DIGITAL CAMERA

新歓合宿を終えてからの1ヶ月で、1年生は先輩との議論や各々の研究を通じて自身の社会変革論をより緻密なものにしようとしてまいりました。 その進歩には目を見張るものが有りました。
そして、声調や身振り等を駆使してそれぞれが懸命に審査員ならびに聴衆の理解を促していました。

審査の結果、本選出場弁士は

酒井弁士
花井弁士
中園弁士
稲葉弁士
山口弁士
の五名に決定しました。また補欠弁士として、緒方弁士が選ばれました。

本選の出場を決めた会員もそうでない会員も雄弁会の活動はまだ始まったばかりです。
今回の弁論において先輩からの指摘を受け、自分の足りない点というものが明らかになったと思います。その指摘を受け止め、より良い言説を発信できるように研鑽していって欲しいと思います。

本戦への出場が決まった1年生は優勝を目指して頑張ってください。惜しくも本戦出場に至らなかった1年生も次の大会にて優勝すべく、努力を重ねて行って下さい。
審査委員長の伊藤会員は聴衆が惹かれる弁論とは自己の体験に基づく描写を用いること、また体の一部を強く、印象的に用いることが重要であるというと今後の弁論に大いに参考できるお話をいただくことができました。
それぞれの1年生は伊藤会員をはじめとする審査員の方々の講評を参考に今後の演練に活かして欲しいと思います。

SANYO DIGITAL CAMERA
一年生

SANYO DIGITAL CAMERA
集合写真

当日参加された皆さん、本当にお疲れ様でした。
一年生の今後の活躍に大いに期待します!

(文責:川村)

Comments are closed.