okuma1

去る11月9日、早稲田大学 大隈記念講堂 小講堂にて、
第三十八回大隈杯争奪雄弁大会を開催致しました。
当会からは、緒方東吾会員、二ノ宮祐大会員が弁士として出場しました。

第一弁士として登壇した緒方会員は、「斜陽」との演題のもと、
緒方会員は少子化の現状を明快に分析し、経済的要因と身体的要因の解決を訴え、
議場をわかせておりました。

okuma2
写真は緒方会員

大トリの第九弁士として登壇した二ノ宮会員は、「包容する教育」との演題のもと、
不登校児の問題性を緻密に分析した上で、不登校児の対策チーム創設、
及びフリースクールの教育機関化と無償化を訴え、議場の説得に努めておりました。

okuma3
写真は二ノ宮会員

結果は

優勝
慶應義塾大学辯論部藤沢会
渡邉類
準優勝
法政大学辯論部
鈴木峻
第三席
早稲田大学雄弁会
緒方東吾
聴衆賞
慶應義塾大学辯論部藤沢会
渡邉類

緒方会員、第三席おめでとう!
惜しくも二ノ宮会員の入賞は叶いませんでしたが、「弁論は人格の発露である」とはよく言ったもので、
二ノ宮会員らしい優しさ溢るる弁論に、聴衆は感激を受けておりました。

大会に参加された弁論部関係者の皆様、そして定例演練や議論等ご協力頂いた会員の皆様、誠にありがとうございました。

okuma4

okuma5

okuma6

(文責:稲葉)