研究会議

7月4日(土)に、研究幹事が主催する研究会議を学生会館にて行いました。
研究会議とは、自らの問題意識である社会事象を研究していく各会員に対して、
研究幹事が、どのような研究のアプローチが望ましいか、アドバイスを行うものです。
今期は、雄弁会2年の酒井研究幹事が「構造的背景の重視」という方針の下、
社会における主体間の関係性や社会的な潮流を理解した上で、政策を検討する重要性を述べました。
会員一同、今回の指摘を取り入れ、9月合宿での発表に向けて研究に励んでいきたいと思います。

1436180732255(写真は会議を行う会員)

(文責:高橋)

Comments are closed.