中野駅前街頭演練

2月2日(木)に、中野駅前にて街頭演練を行いました。演説を行った会員は宇治会員、宇佐美会員、王会員、安部会員の四名です。

宇治会員は、社会にはあらゆる排除が存在しているが、社会や共同体の中で異質性を持っているとみなされた人間が最も排除されがちであり、それが時に当事者の精神に負担をかけているとした上で、自らが被害者だけでなく加害者にもなる可能性を秘めている事を自覚するべきであると訴え、聴衆をわかせておりました。

宇佐美会員は、アフリカの絶対的貧困に問題意識を抱き、アフリカ諸国に対する支援はその多くを日本が担っているが現在でも3秒に1人の子どもが亡くなるなどの惨状は解決されておらず、先進国によるさらなる支援が不可欠であり、一部の人間ではなく現在アフリカに関心を向けていない人も含め我々一人一人が意識を変える事が解決につながると訴え、聴衆の共感を呼んでおりました。

王会員はイギリスのEU離脱やトランプ政権誕生など世界的に民主主義が問われている中で日本において民主主義が完全には達成されてはおらず、まず若者が積極的に投票を通じて政治に参加する事で有権者が自分たちの事を自分たちで決めるべきだと力強い声調で訴え、聴衆を引きつけておりました。

安部会員は日本が困難な社会問題を多く抱える中で力を発揮するべきなのは地方政治であり、中でも住民の意見を反映するための地方議会が重要であるとした上で、議員と住民とが距離を近づける必要があり、住民のさらなる地方政治への参加を堂々とした声調で訴え、聴衆の関心を集めておりました。

当日は昼下がりの中野駅前だということもあり、多くの通行人の方が耳を傾けて下さいました。立ち止まって下さる方もおり、会員と議論をして頂く中で貴重な意見を頂戴することができました。聴衆となって頂いた皆様、誠にありがとうございました。

(文責:演練幹事)

コメントを残す