新入生の皆さん、ご入学おめでとうございます。いつも早稲田大学雄弁会のHPをご覧になってくださっている皆さん、ありがとうございます。
本日は新歓イベントの様子をお届けいたします。

去る4月7日(金)新歓イベントを実施しました。

4月7日(金)は、堀川会員・山中会員が模擬弁論を行いました。

堀川会員は、『終末医療の分水嶺』との演題のもと、終末医療について弁論を行いました。
まず、患者本人の意思が確認しづらく、家族に判断を迫ることが心の傷を与えることなどに言及し、過度な延命治療が行われている現状を分析が示されました。さらに、その背景にあると考えられる日本人の死生観や、核家族化の進行などにも触れ、法整備の必要性、並びに「死」について相談しやすい環境の整備の必要性を訴えました。そして、解決策として医師による意思確認制度の拡充、並びにかかりつけ医制度の導入を呼びかけました。


(写真は堀川会員)

山中会員は、『死がふたりを分かつまで』との演題の下、LGBT問題について弁論を行いました。
山中会員は、生活のリスクを減らすだけではなく、もっと人のアイデンティティの根深いところにある家族というものの重要性を強調しておりました。その上で、LGBTの人々も同じ人間であり、彼らの存在を法的に認め、婚姻の権利を社会も認めていくべきであると訴えました。具体的には、彼らの権利を守るために、憲法改正を含めた法改正を行って、同性婚を将来的に認めていくことを提言しておりました。


(写真は山中会員)

まだまだ新歓イベントは残っております。会員一同、皆さんをお待ちしております。

(文責:原)