5月14日、早稲田大学戸山キャンバスにて、早稲田大学雄弁会・政治経済攻究会合同研究会を開催いたしました。

雄弁会からは、早川会員が「認識と時間」をテーマに発表を行い、「我々は『いま、ここ』にいるのか?」という問いを出発点に、時間と空間の二軸から自己存在を分析することを試みました。これを踏まえ、現代の消費社会の問題点に言及し、今後の社会のあり方について論じました。

政治経済攻究会からは、牧野さんが「ハーバーマス」をテーマに発表を行って下さり、
その発表をもとに、ハーバーマスの討議倫理について活発な議論が行われました。

(写真は発表を行う早川会員)

熱心な質問が続き、大変有意義な研究会となりました。
ご協力いただいた政治経済攻究会の皆様ありがとうございました。

(文責:原)