Page 1
標準

会員インタビュー #4

好評の新歓企画・会員インタビューの第4弾です。今回は、政治経済学部1年の志田陽一朗会員にインタビューを行いました!
志田会員は、北海道の不動の雄・札幌南高校出身(嘘じゃなくここも文句なき名門です(笑))。現在は演練幹事と報道担当官を務め、日々精力的に活動している会員です。
それでは、インタビュー内容をご覧ください!

Q1, あなたが早稲田大学に入学し、雄弁会に入った経緯を教えてください。

正直、入学するまでは雄弁会の名前を聞いたことすらありませんでした。入学式の前日、祖父と母に「早稲田の政経に行くなら雄弁会は覗いておけ」と言われており、流されるように説明会に参加しました。今思うと偶然のような出会いですね。元々政治には興味があったので先輩や他の新入生と話すだけで面白く、また政経のくせに初授業の自己紹介で「政治には興味がありません」とか平然と言ってのける奴の多さに幻滅していたのもあり(笑)、「これは入るしかあるまい」と入会を決めた次第です。

 

Q2, 雄弁会の活動はいかがですか。また、雄弁会の魅力は何だと思いますか。

思ったより面白いですね(笑)。元々文章を書くのは好きで、人前で喋るのも得意だったのですが、雄弁会で弁論と出会い、「この2つを合わせるとこんなに面白いものになるのか」と感激しました。大学入学前までは、周りの友人たちと趣味や話が合わずによくがっかりしていたのですが、ここでは先輩や同期それぞれが深い見識を持っていて、話をしていて飽きません。
もちろん弁論だけでなく、研究や実践も興味深いものが目白押しです。OBの層の厚さもものすごく、何かにつけて「これはすごいところに来たな」と思っています。

 

Q3, 雄弁会に関する印象的な出来事を教えてください。

夏休み中の9月に、自民党総裁選のお手伝いをさせて頂いた事です。OBの山本有二先生のご紹介でやらせて頂いたのですが、まさに目の前で「政治」が動いており、毎日目をパチパチさせていました。総裁選終了後には石破茂先生の事務所にお邪魔し、たっぷりお話をした後に写真を撮っていただいたりもしました。約2週間の全力疾走の末溶連菌にかかってブッ倒れ、「政治家には向いてねぇな」と実感したのもいい思い出です(笑)。
加えて、私は日本史選択だったのですが、ふと教科書を読み返して早稲田出身の政治家を見てみると、ことごとく(といっていいほど)雄弁会の出身であることに気づいたことも印象的な出来事でした。まさか自分が生まれた時の総理大臣(故・小渕恵三先生)と同じサークルに入ることになるとは思わなかったので、衝撃的でしたね。

 

Q4, 最後に、早稲田大学を目指す受験生、そして早稲田に入った新入生にメッセージをお願いします。

雄弁会の良さは、上にも書きましたが会員の知識や興味がものすごいことと、なんといってもメンバーが多彩なことだと思います。普通に大学に通うだけでも色々な人がいて面白いのですが、雄弁会もそれに負けず面白いコミュニティで、活動に行くだけでわくわくしています。
ネットで雄弁会を検索すると、良くない話がちらほら出てくるのですが(だいぶカルマ溜めてるみたいですね…笑)、実際入ってみるとそんなことはなく、面白いことづくめでした。
せっかく大学生になるなら、ぜひとも雄弁会に入って、「愉しい学び」を追求するのもアリだと思います。お待ちしています!

以上です。ありがとうございました。
この企画を始めてから、各方面から「雄弁会ってエリート集団なの?」という声を頂きますが…

全くもってそんなことはありません!(笑)

気を取り直して、次回もお楽しみに!

標準

会員インタビュー #3

好評企画・会員インタビューの第3弾です!

今回は、政治経済学部2年の村主太会員にインタビューを行いました。

村主会員は、埼玉でも1,2を争う名門・浦和高校出身(名門出身者ばかり続くようですが本当に名門なんだから仕方ない)。実践幹事や副幹事長を歴任し、会の大黒柱的存在となっています。

それでは、インタビュー内容をご覧ください!

 

Q1,あなたが早稲田大学に入学し、雄弁会に入った経緯を教えてください。

早稲田に来たからには雄弁会の門戸を叩いてみようという気は入学当初からありました。名前を知っている数少ないサークルだったからです。初めて、雄弁会の名前を知ったのは中学3年生の時に、早稲田の付属高校を受験した時でした。「政治に興味があるなら、こんなサークルを知ってる?」と、2次面接の担当官から雄弁会を紹介されたのが、きっかけです。多くの優れたOBを輩出していたこともあり、自分の興味などが満たせるのではないかと思い、新歓に参加しました。最終的に入会を決断したのは、先輩方の存在が大きいと思います。

 

Q2,雄弁会の活動はいかがですか。また、雄弁会の魅力は何だと思いますか。

雄弁会の活動で大切なのは、いかに主体的に会を使うかだと思います。後者の質問ともかぶりますが、雄弁会の魅力は「好きなことがなんでもできる」ところにあると思っています。弁論大会に出るもよし、政治的な古典を読むもよし、仲間たちと研究会をやるもよし、インターンに行くもよし、ボランティアするもよし。大学生という地位を最大限生かして、活動できると思います。僕自身は満足しています。

 

Q3 雄弁会に関する印象的な出来事を教えてください。

やはり、一番印象に残っているのは、1年生の夏に行った「沖縄遊説」でしょうか。今話題になっている辺野古基地前に行き、実際に座り込んで反対運動をされている方々のお話を聞くことができたのは貴重な経験だと思います。私は辺野古移設賛成派ですが、そこには反対をし、虐げられている人々がいるという現実は、「民主主義とは何か」、「権力とは何か」、「言葉の重みとは」といったことを考えるきっかけになりました。
また、参議院法務委員会を傍聴できたことや、弁論大会を主催したこと、政友会と討論会を行ったことなども良い思い出です。

 

Q4,最後に、早稲田大学を目指す受験生、そして早稲田に入った新入生にメッセージをお願いします。

受験期は自分が何をしたいかというビジョンを持つのが一番だと思います。目標さえあれば、キツイ受験勉強も乗り越えられると思います。
早稲田に入学した新入生の皆様、おめでとうございます。大学4年間をどう使うかは、皆さん次第だと思います。勉強も遊びも充実した4年間を送ってください。ある程度余裕のある時期なのですから、今までできなかったことをやってみてください。最後に一言、
「自分の好きなことをしよう!!」

 

以上です。ありがとうございました。

 

大学生活のスタートにあたって、サークル選びは一番の悩みどころと言っていいでしょう。下手したら大学そのものよりも入り浸るコミュニティになり得ますからね(当会にもそういう人が結構います(笑))。

その中でも大事なのは、「やりがいがあるか」「好きなことができるか」というところだと思います。雄弁会は、この点に関しては自信を持っています。

「なんかカタそうだな」「サークルに入ってまで勉強かよ…」と思っているそこのあなた、

 

いいから一回会室に来い!!

標準

会員インタビュー #2

予想以上の好反応を頂いているこの企画。第二弾のインタビュイーは、社会科学部2年(雄弁会は1年目)の佐藤啓太会員です!

佐藤会員は、ジャガー横田の息子の受験ドキュメンタリーでも話題になった、屈指の名門校・広尾学園出身。安全保障に深い関心をもち、そのモチベーションのまま弁論大会にも出場した、エネルギッシュな会員です。

では、インタビュー内容をご覧ください!

Q1,あなたが早稲田大学に入学し、雄弁会に入った経緯を教えてください。

僕は雄弁会に大学二年で入会しました。1年生のころは模擬国連というものをやっており、ここでは過去の国連会議を実際に自分たちが大使になりきってやっていました。模擬国連は非常に面白いし、自己を成長させてくれました。然しながら僕は、今、日本が直面している国際的問題について考えたり、議論したりしたいと考えていたので、そのような場を探していました。雄弁会の名は大学入学前から知っていましたので、沢山の政治家を輩出しているここなら自分がやりたいことができるのではと考えたのがきっかけです。

 

Q2,雄弁会の活動はいかがですか。また、雄弁会の魅力は何だと思いますか。

雄弁会では早稲田大学が主催する弁論大会である大隈杯に出場したほか、かつてから興味があったインテリジェンスの勉強会などを行いました。雄弁会の魅力は何と言っても、後輩思いで、知識の豊富な先輩方です。先輩方は弁論用の原稿を何時間でも一緒に考えてくれますし、勉強会をしているときなどはその知識の豊富さに圧倒されます。そんな先輩方を見ていると、自分もこんな風になりたいと思うものです。

 

Q3, 雄弁会に関する印象的な出来事を教えてください。

大隈杯という弁論大会です。僕は雄弁会の代表弁士として大隈杯に出場しましたが、初めての弁論大会であったこと、話すのが一番目であったことなどもあり、非常に緊張してしまいました。直前まで同期や先輩と練習をして聴衆の前に立ちましたが、飛んでくるヤジには少しばかり驚かされました。然し、自分の弁論を終えて舞台を降りていくとすぐに先輩方が駆けつけてきてくださって、「よく耐えた」と言ってくださいました。その時の感動や感謝の想いは今でも忘れることができません。

Q4,最後に、早稲田大学を目指す受験生、そして早稲田に入った新入生にメッセージをお願いします。

生きていると沢山の決断を要求されますよね。どの大学、サークルに入るかというのもその一つだと思います。僕は大学生活を、将来自分が責任ある立場になり、そこで何か決断を迫られた時に正しい決断をするための準備の期間だと考えています。決断は一瞬でしなければならないが、正しい決断をするには数十年の準備の時間を要すると考えているためです。雄弁会は僕にとってはその準備に一番適した場所なんです。人を説得し、人を動かす方法を学べます。正しい決断をするための知識も学べます。そして大学に閉じこもらず、現実の社会を見る機会を与えてくれます。こんな様々なことをさせてくれるのは雄弁会しかありません。雄弁会で皆さんと学びあえる日を楽しみにしています。

以上です。ありがとうございました。

さて、早稲田もあっというまに合格発表シーズンです。見事合格を勝ち取った皆さんには、ぜひこのシリーズを読んで、まだ見ぬ学生生活へ期待を膨らませて頂ければと思います!

また、本文からもわかるように雄弁会は在学生新歓にも力を入れています。「ちょっと興味が出てきたな」というそこのあなた、遠慮なくお知らせくださいね。

次回のインタビューもお楽しみに!

標準

会員インタビュー #1

新歓向けの企画として、この度会員にインタビューをすることになりました。
記念すべき第一回のインタビュイーは、社会科学部1年の國谷 涼太会員です!

國谷会員は、神奈川の名門・多摩高校出身。政治の現場に興味をもち、誰よりも国内政治の「今」に詳しい男です。また、2019年度前期は副幹事長と実践幹事を兼任しており、会の要石的存在となっています。

それでは、インタビューの内容をご覧ください!

 

 

Q1,あなたが早稲田大学に入学し、雄弁会に入った経緯を教えてください。

いくつかの政治サークルを見た中で、色々なサークルの魅力が集まったのが雄弁会だと思いました。新歓で出会った新入生や先輩は誰もが個性的な印象でした。

Q2,雄弁会の活動はいかがですか。また、雄弁会の魅力は何だと思いますか。

雄弁会の魅力はなんと言っても偉大なOBの方々です。政治活動のお手伝いやパーティーへの参加など、政治の現場を身を以て感じることができる活動は新鮮でした。

Q3-2 雄弁会に関する印象的な出来事を教えてください。

去年の新歓合宿での卓球大会です。ネット上では雄弁会の新歓合宿は壮絶だという記事もあり、不安な気持ちでしたが、そんな事はありませんでした。食堂にあった卓球台で色々な人と卓球を楽しみました。中には徹夜で卓球をしている人もいました。

Q4,最後に、早稲田大学を目指す受験生、そして早稲田に入った新入生にメッセージをお願いします。

大学生は時間があると言われますが、意外とあっという間に一年が過ぎました。長いようで短い学生生活の中で、雄弁会というサークルで貴重な経験をするというのも良いのかなと思います。

 

 

以上です。ありがとうございました。

今後もどしどしインタビューを行っていく予定です。乞うご期待!